鬱を打つべし

うつ病とストレス

どのようにストレスと付き合っていくのか

うつ病の原因の多くはストレスであると言われています。しかしストレスと一言で言ってもその感じる度合いはここによって異なっており同じようなストレスを受けてもうつ病を発症しない人も大勢います。同じようなストレスを受けても発症しないという事はうつ病にかかりやすい人がいるという事でもあります。うつ病にかかりやすいと一般的にいわれているのは性格的に几帳面な人、完璧主義な人、真面目な人などが挙げられています。こうでなくてはならないと言うような考えを持つ傾向がある人は自分が考えている状況と異なった方向へ進んだ場合ストレスを感じやすいためうつ病にかかりやすいのかもしれません。性格が原因であっては取り除くのが困難であることから、うつ病にかかりやすい性格なんだと普段から自覚しておくことによって発症をかなりの率で防げるでしょう。

楽観的な人でもかかる可能性はある

かかりやすい性格の人もいればかかりにくい性格の人もいます。しかしその人が持っている能力の限界を超えてがんばりすぎれば極度のストレスを抱えることになり発祥の可能性は誰にでもあるといえるでしょう。うつ病は神経系統の病気の1種ですので薬を定期的に服用することにより発症を抑え日常生活を送ることができます。しかしここで問題になるのが本人がそうであると自覚していない場合です。恥じた病気だと思っていれば自分がその病気であることを認めることができず、その結果病院に行くこともままならず薬も処方されない。ゆえに悪化させてしまうという事態です。こうなってくると事態が深刻となってしまうのでストレスの原因を取り除き本人が若干回復したところで病院へ行くことを勧めるのが効果的でしょう。そのストレスの原因を全て取り除く事はなかなか難しい場合もありますが、状況を少しでも変えることが効果的です。