鬱を打つべし

うつ病の歴史

うつ病の歴史について

現代社会は、ストレス社会とも言われ精神病や精神疾患で苦しみ、悩んでいる人が多くいます。 特にうつ病患者は、日本で100万人以上存在しているとも言われているのです。 そのうつ病は、実は歴史が深く紀元前5世紀から4世紀の古代ギリシャの医学者が唱えた、四体液説が始まりとも言われています。 うつの認知療法では、1970年前後にアメリカの精神外科、アーロン・ベックが始めたとされています。 日本人は、日本人特有の申し訳ない精神と、周りから閉ざされた村社会がうつ病との切っても切れない関係を作りだしているのです。 うつ病の原因は、一言でいえばストレスです。 そのため、いかに日常生活を送る上で、ストレスをためずに生活を送ることができるのかが重要になってくるのです。

増えると予測されます

うつ病の原因がストレスとわかっていても、そのストレスを発散させるというのは、現実にはなかなか難しいものです。 そして、一番厄介なのが、ストレスが自分ではたまっていると感じずに、頑張りすぎてしまうことです。 そうやって、頑張りすぎてしまうと、気づいた時には、頑張りたくても頑張れない、そんな状況が突然やってきてしまうのです。 一番の効果的なストレス解消方法は、ストレスの原因を見つけ、対処していくことですが、原因がわかっていてもどうすることも、自分ではできない場合というのがあります。 そうした場合に、自分自身の考え方を変えて、少しでもストレスを減らしてみたり、休みの日にストレスを十分発散してみたりなど、自分に合った方法でうまくストレスを減らす工夫が必要になってきます。 今の日本では、人と人との関係が希薄になっているとも言われ、気軽に相談できる関係というのが少なくなっているのです。 そうした状況が、よりうつ病になってしまう人を増やしているようです。