鬱を打つべし

原因を知る

うつ病は脳内バランスの乱れも原因

うつ病とは、強いうつ状態が長期間続き心身に支障をきたしてしまう病気です。うつ状態とは、ひどく落ち込んで何に対しても意欲がわかない状態です。一時的な感情ではなく24時間落ち込んだ状態が2週間以上続きます。 生きている限り誰もが、ひどく落ち込むことはあるでしょう。しかし健康な人の場合は他のことに没頭したり、気分転換をはかりながら、時間とともに暗い気持ちが薄らいでいきます。こういった一時的な落ち込みは、うつ状態とは言いません。 うつ病の原因は、まだはっきりとは解明されていません。性格や考え方が原因だと思われていますが、それが全てではありません。 実は脳の働きとも関係があるのです。 脳の中には感情をコントロールする物質があります。それらの物質が複雑に作用しあっています。しかしストレスが加わることによって神経伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリンがうまく機能しなくなるようです。この2つの物質がうまく働かなくなることで起きるのではないかと言われています。

セロトニンやノルアドレナリンに働きかける薬

このようにうつ病の原因は、過度のストレスでセロトニンやノルアドレナリンの分泌や働きの低下が関係しています。 ですのでうつ病の治療には、ストレスから解放されるよう十分な休息をとることと、脳内の環境を元に戻せるように働きかける薬を用いる薬物療法が必要になります。 薬を服用することに抵抗があり、そのままうつ病を放置している方もおられます。しかし前述のように、乱れてしまった脳内を元に戻してあげるために服用するのです。即効性のある薬ではありませんが、ゆっくりと脳内バランスが正常にもどっていくことでしょう。場合によっては睡眠薬を処方されることもあります。これも体を十分休ませるために有効です。 うつ病の方は自分を責めてしまいがちですが、このように脳内バランスにも原因があるのです。焦らず、根気よく治療を続けていけばきっと良くなります。

恨みの感情を溜めこんでいる

長い間人生を生きてきて、自分でも気づかないうちに恨みの感情を溜めこんでしまっている場合があります。ある考えでは、こういったこともうつ病を発症させる原因になるのだそうです。恨みの感情がなぜうつ病を発症させるかと言いますと、自分の過去の扱われ方を後になって納得がいかなくなって怒りの感情がこみ上げてきたり凝ることもあるのです。子供の頃、親の機嫌ばかりに神経を使っておびえていたような場合、ある程度の年齢になって親という人間を冷静に見た際に、過去に自分が親にされた扱いについて我慢できなくなるのです。このように過去のトラウマがうつの原因であるような場合、その原因を取り除くことがうつ病を治すきっかけになるのです。