鬱を打つべし

個人差を確認する

うつになる原因には個人差がある

何が原因でうつ病になるかは分かりません。その理由は個人差があるからなのです。一般的にうつ病の原因として多いとされているのがストレスです。ストレスの中にもたくさん種類があります。仕事のストレスや家庭のストレス、人間関係のストレス、環境のストレス、様々なストレスがあると言って良いでしょう。そして人間はストレスを抱えて生きてるといっても過言ではありません。ストレスは溜めたままですと色々悪影響があります。その一つが精神障害です。精神障害の代表として言われるのがうつ病です。ストレスが原因となって精神に障害をきたし、思考回路がマイナスに向かい精神面だけではなく、肉体にまで悪影響を及ぼしてしまうほどと言われているのです。

溜め込むのは辞めてみよう

うつ病の原因となるのはストレスでもありますが、個々の性格も大きな要因になってきます。同じような体験をしていてもうつ病になるひとと全く平気な人がいます。それは個人の考え方が違うからです。うつ病になりやすい人は思ったことを溜め込んでしまったり、人にいい人と思われたいという感情があったり、真面目で妥協できない性格であったりします。誰しも本来の自分を良く見せるために仮面をかぶっているかもしれませんが、回りに素の自分を見せれる相手がいるかどうかによっても変わってきます。自分の中に溜め込んで発散できずにいるとうつ病なる確率が高くなります。どこかで発散させることが大切ですから、趣味を見つけたり視野を広げてみるのも良いとされています。