鬱を打つべし

原因を知る

うつ病は、様々な原因により発症してしまいます。うつ病は長い期間落ち込んだ症状が続いていしまう病気です。そのため接し方に気を付けることが必要になる病気なのです。慎重に接していきましょう。

Read More

うつ病とストレス

うつ病はストレスとの接し方に注意しなければならない病気です。殆どの人が発症してしまう危険性のある病気です。ストレスを溜め込まないようにすることが一番大事な予防方法なのです。

Read More

かかりやすい時期

年々患者数が増えてきているうつ病の原因について知りたい方はこちらのサイトをチェックしましょう。症状などが詳しく載っていますよ。

うつ病になるきっかけ

今では広く知られるようになり、心の風邪のように誰もがかかる可能性のあるうつ病についてですが、原因にはさまざまなものが考えられます。ストレスの多い環境が原因でうつ病になる人はとても増えていると思われます。学校や職場の人間関係、家庭内の人間関係、あるいは近所との人間関係がストレスの原因となり、うつ病になるケースは多いと考えられます。それらの環境は合わないからとすぐに変えることもできませんから、なんとかストレスを上手に発散することができなければうつ病になることもあります。たとえば家庭内でひとり誰にも相談できずに育児や介護をしなければならない場合には、気づかないうちにうつ病になっている場合も多いのです。

さまざまな原因で発症

また突然の環境の変化も、うつ病の原因になる場合があります。一見幸福と思われる結婚や出産によってうつ病になる場合や、昇進によってうつ病になるケースもあります。新しい環境に身を置くことは、それだけ心にストレスのかかることだからです。また引越によってうつ病になることもあります。引越はかなりの心のパワーを使うものですから、その後に心の疲れが出てしまったり、また新しい生活になじむのにストレスがある場合もあります。近親者の死も、原因として大きなものとしてあげられるでしょう。長い年月をともにしてきた、かけがえのない家族を失うことは人生で最もつらいできごとです。そのときに支えてくれる家族や打ち込める仕事があれば、乗り切ることもできますが、立ち上がるのに長い時間を要し、うつ病の原因となることもあるのです。

人の異動がある時期

人事異動の季節は不安半分、期待半分という人が多いのではないでしょうか。多くの人がストレスを感じる時期にこの人事異動の時期をあげています。人事異動になった際に職場が変わるだけではなく住居なども変わる場合がありますので多くの人にとってストレスになるのは当然のことでしょう。慣れない土地で慣れない仕事をするというのはただでさえ大変な仕事が2倍にも3倍にもなって自分の心と体にストレスを与えると考えても良いでしょう。実はこの時期うつ病を発症する人が増える時期と重なります。環境が変わるという事はよくも悪くもストレスを感じさせます。ですからうつ病の原因となることが多いのです。人事異動の時期はストレスが原因となってうつ病を発症する確率が高いということを覚えておくと良いでしょう。

考え方を変えることによって

職場の人事異動によって人が変われば仕事のスタイルも変わる場合があります。人事異動になった人だけではなく受け入れる側にとっても相当なストレスがあるということを覚えておくべきかもしれません。あの人が異動してきてからなんだか体調がすぐれないという場合はうつ病を疑った方がいいかもしれません。しかし異動してきたばかりの人はよほどのことがない限り職場異動はないでしょう。このような場合はストレスの原因をすぐに取り除くことは不可能です。そして異動してきたばかりの人がいつまで一緒に仕事をしなければならないのかというふうに考えればストレスは増すだけです。こういった場合原因を取り除く事は難しいので自分の考え方を変える方法を選ぶことが賢明です。はじめは大変かもしれませんが身に付いてしまえばあなたを助ける武器とあるでしょう。

医学的にも

うつ病のような精神的な病は、例えばインフルエンザや風邪といった病気と違って万人に共通する薬のようなものはありません。長い年月にわたって蓄積した精神的な傷がストレスとなり、そのストレスを自分の中で解決できなくなって精神が病んでうつ病をの発症に繋がるといったケースもあるのですが、そもそもどういったことにストレスを感じるかは人それぞれで違うため、うつ病の原因をひと言で言い表すことが出来ない訳なのです。 精神的に悩むことの一つに、自己肯定感が欠如していることがあります。自分のやることに自信がもてず、何をやる際にも周りの反応や評判を気にしてしまうのですが、例えほめられたとしてもその人の心が完全に満足することがなかったりもするのです。